プレハブの解体・移設

古くなってしまったプレハブでも丁寧に解体・運搬・補修し別の場所に建てることが出来ます。プレハブは部材のひとつひとつがシンプルな部材で構成されており、また接合部などのほとんどがボルト止めとなっている為、修復不可能な部材などは新品部材と交換が可能です。

プレハブの引っ越し

既存プレハブの解体工事
プレハブの解体
手作業にて慎重にひとつひとつ壁・柱・梁・屋根などを解体します。
運搬

 

解体
移設工事
プレハブの移設
運搬してきた部材を確認・補修し建て上げをします

プレハブ解体・処分

既存プレハブの解体工事
プレハブの解体
手作業にて慎重にひとつひとつ壁・柱・梁・屋根などを解体します。
運搬

 

解体
処分場
プレハブの処分
不燃材などを分別し処分場にて処分致します。
■プレハブの解体・移設の基本は現状の建物を現状のまま建てるのが基本となります。例、2間x3間→2間x3間 しかしアトムでしたら2間x5間に変更や2間x10間に変更も可能です。お気軽にご相談下さい。
■プレハブの解体・移設の際に一番劣化、腐敗してしまっているのは土台です。アトムのプレハブは、現在ほとんどの建物に鋼製土台を使用しております。木製土台を使用した建物の場合、そのほとんどにおいて土台の腐敗、劣化が進んでるのを確認出来ます。 移設される際に鋼製土台への交換をおすすめ致します。
contactBrnSp